無線LAN法人用と家庭用の違い

インターネットを利用する際に無線LANはほぼ必須とも言える通信方式となりました。従来の有線LANと違ってケーブルが無いことで使い勝手がよくなりますし、離れた場所でも安定してインターネットが使えるようになってきたことで利用者が急増しています。特に法人での利用が進んできています。法人でのインターネットの利用は有線LANを利用することが多かったのですが、セキュリティ的にも問題がなくなってきたこと、多数の端末があってもサポートしやすくなったことなどが法人向けの無線LANの導入に拍車がかかった理由でもあります。特にサポートツールの改良は大変好評であり、中には数百の端末を一括管理することも可能なツールもあるほどであり、さらに利用が進むと考えられています。

無線LANの法人利用で注意したいポイント

無線LANと言えば無線ルーターがあってクライアントがある簡単な方式ですが、家庭用の無線LANと法人用の無線LANでは大きく異なっています。1つめのポイントはユーザー管理です。無線LANといえば暗号化ですが、法人向けのシステムの場合、アカウントがなければ暗号キーが分かってもネットワークに入れません。アカウントについては専用のアカウントが設けられることもありますが、他のOSやシステムのユーザアカウントを採用できるシステムも増えてきています。特に企業の場合は既存のシステムが既にある場合が多いので利用にあたっては利便性を重視したネットワーク設計が多くなります。2つめはセキュリティです。暗号キーなどが漏れないようになっているほか、端末の識別にも力が入っています。

法人向けの無線LANを導入するメリット

少数の端末しかない事務所などでは家庭用の無線LANルーターを利用するケースが増えています。使い勝手が悪くないからですが、注意したいのがセキュリティです。家庭向けの無線LANルーター場合、不正な方法などでログインできてしまうと暗号キーがすぐに分かってしまいます。しかも、ユーザー管理はありませんので暗号キーが分かればインターネットが使い放題となります。さらに新規端末の接続を許す設定が多いので不正に利用されていても気づかないケースが多いです。しかし、法人向けの無線LANツールの場合は端末制御、ユーザー管理が厳しく行えますから企業にとってもっとも怖い不正利用を防ぐ設定が多くあります。また、ユーザー管理については既存のシステムと連動させられますから使い勝手は大変よくなっています。

オフィスで利用する電話機に様々な機能を手軽に導入できます。 お手軽IVR(自動音声応答システム)で人件費の削減を実現しよう! 通常のナースコールにはないスマホと連携できるたくさんのメリットをご紹介。 ナースコールシステムの販売や施工などのご提案をしております。 お問い合わせフォームから資料請求が可能です。 ナースコール+電話交換機・電子カルテといったナースコール+αのシステムの提案を行います。 無線lanなら移動しながらの作業が可能に!法人向けはこちら