法人向け無線LANで重要なルーター機能

無線LANに個人用と法人用の違いはそれほどないです。基本的に建物内の電波をルーターから無線LANで飛ばし、それを個々の端末でキャッチしています。個人宅であればパソコンやスマートフォンを無線LANにつなぎ、法人であればパソコンや場合によってはサーバーをネットワークに接続することになるでしょう。最近は改善終端装置と無線LANのルーターが一緒になっているものも多いですが、これはどちらでも良いです。ネットの速度はルーターの機能よりは単純にその建物に通っている回線の速度によって決まります。これはもちろん個人でも法人でも同じです。法人の場合はほかには分配機などによって回線を分配したり、あとはローカルネットワークにだけにつなぐ端末との区別などがあるでしょう。

法人用の契約というのはどのようにすれば良いのか

法人であっても個人であってもネットワークの仕組みというのはまったく同じなので、契約する業者も同じで問題ないです。回線速度に関しても最近は個人宅でも企業でも一緒の場合が多いです。現在業者が提供している最高速度を個人宅に導入するのも容易なので、法人で使うものと同じになります。そのため、業者に対して法人名で契約すればネットが使えます。契約は簡単であとは個々の端末を設定して終わりです。最初の一台の端末はモデム側にアクセスして設定する必要があるのですが、これは付属のCDなどがついていることも多いです。そのCDを読み込んで指示通りに作業を進めていけば設定が完了します。二台目以降の端末については、ネットワークの画面から、飛んでいる回線を選択すればパスワードを入れてアクセスできます。

セキュリティは法人の方が特に重要

法人でインターネットを利用する際にはセキュリティが特に重要です。しかし、そのセキュリティに関してはパソコン側から注意するようなことです。設定の問題もあるのですが、どちらかというとメールに添付されている知らないファイルを実行しないなどが重要です。実際このような情報流出の仕方があり、問題になったりしています。他には、クラウド上に保管している情報が流出するという場合もあるでしょう。社内の重要な情報は物理サーバーに保管し、そのサーバーはインターネットには接続しないなどの対策が必要です。他にはクラウドサービスを利用する際にはきちんと有料のレンタルサーバーを借りるというのも重要です。グーグルのクラウドなどには保存しないということで防げる部分もあるはずです。