法人向けおすすめの無線LANの共通点

法人向け無線LANのチェックすべきポイント

法人向けの無線LANは個人で利用するタイプとは大きく異なっています。基本的な機能としては通信制御とユーザー管理ですが、法人向けは数百人のユーザアカウントでも対応できたり、複数の無線LAN端末を制御できるなど個人向けのシステムとは一線を画すシステムとなっています。もっとも異なる点はユーザー管理です。無線LANを利用できるユーザーを制御できますが、その際、独自にユーザーを管理するのではなく、他のOSで管理されているユーザーも取り入れることができるようになっています。システムによっては完全にユーザー管理を委譲して管理を統合させることも可能となっています。また、ユーザーごとに通信帯をどの程度使えるかなども考慮でき、ネットワークの公平性を保つ仕組みも導入されてきています。

無線LANのユーザ管理について

法人向けの無線LANで重要となるのがユーザー管理です。一般的な無線LANルーターでもユーザー管理できるタイプが増えていますが、基本的に個人や家族で利用するものであり、それほど大人数で利用されることは想定されていません。しかし、法人向けの場合は場合によっては数百人以上のユーザーを管理しなくてはならないケースも多くなります。そのため、ツール側では難しい操作を出来る限り排除しながらも個別のユーザーごとに細かく制御できる仕組みが導入されてきています。ツールについては管理専用パソコンが必要となる場合もありますが、多数の無線LAN端末を管理するために日々改良が進められています。ユーザー管理についてはさらに他のシステムとの親和性を考慮したタイプも好評をえてきており、さらに使いやすくなっています。

無線LANのチェックポイントについて

法人向けの無線LANでは主に2つのポイントがあると言われています。1つはセキュリティです。暗号化やユーザー管理の他に端末の制御が重要です。AESなどを使った暗号化が重要となっていますが、個人向けの無線LANルーターでは制御しきれない多数の端末を扱うことになるのでさらに厳密に暗号が扱われることになります。ただし、端末ごとの設定は簡略化の流れができており、端末が多数あっても初期設定に時間をとられない工夫が進められています。2つ目は価格です。設定ツールは別売りであることも多かったのですが、価格競争が激しくなったことで標準搭載されることも少なくありません。また、無線LANの台数によって価格が変わってくることも多く、無線LANシステムを選ぶ際にはさまざまな選択の幅が広がってきています。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし