法人向けおすすめの無線LANの共通点

法人向け無線LANの導入費用について

法人向けでも個人向けでも無線LANの導入費用はほとんど変わりません。すでに有線ではインターネットに接続しているのであれば、無線LANのルーターを買ってきて電波を飛ばすだけですし、有線のインターネットもまだということであれば、業者と契約します。最近は無線LANが基本なので、業者と契約する際にルーターを配布される可能性もあります。また、ルーターではなく回線終端装置のように、壁から電波を拾ってくる装置と、その無線を飛ばす装置が一体になっているものもあります。個人宅であれば回線終端装置を利用している人も多いでしょう。これは無線カードなどを利用して電波を飛ばしているので、スペース的に場所を取らないというメリットもあります。どれを選んでも機能には大差ないです。

法人での無線LANの設定方法とは

もちろん個人でも法人でも仕組み自体は変わりないです。壁から建物に通っている電波を取ってきて、それを優線か無線で個々の端末に電波を送るという仕組みです。この際に優線と無線のどちらを選択するかということですが、企業では優線のみというところもまだ多いでしょう。その理由はセキュリティ的な観点です。無線の場合はパスワードさえわかれば外部の人も電波を拾ってアクセスすることが可能になります。このようなことは普通ないのですが、一応対策をしている場合もあるでしょう。他には、働いている人が自分の別の端末をアクセスするなどが可能なので、制限がなくなります。優線に使うケーブルの数以上に普通につなぎ放題になってしまうので、それを嫌がって優線にしているという場合もあります。

セキュリティを考えると有線の方が良いのか

セキュリティ面を考えると有線の方が勝手に電波に入り込む余地がないので確実ということを記載しました。最近はセキュリティの対策も考えられているので、大差はないのですが、有線の方が確実で安全ということは今も変わりません。しかし、無線だからといってパスワードを入手するのは難しいでしょう。漏洩する可能性は低いのです。またローカルネットワークに無線を利用して接続することも可能ですが、ローカルの場合もパスワードなどを設定しています。無線の場合はこの辺の区別がわかりにくくなるというのはあるかもしれません。電波を利用して、インターネットだけでなくローカルのネットワークに利用することも可能なのです。無線を利用して、インターネットには接続しないが、ローカルにだけ接続する端末を用意することも可能です。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし