法人向けおすすめの無線LANの共通点

法人向け無線LANは同時接続台数も重要

無線LANといえばスマホを含めてさまざまな機器を手軽にインターネットに接続してくれるネットワークとして重宝されていますが、法人利用の場合は家庭用の無線LANルーターを利用していると不具合が出てくること増えています。不具合はさまざまなパターンがありますが、もっとも多いのが接続できないというトラブルです。接続できない場合はユーザアカウントや無線LANの暗号化キーなどがチェックされますが、急激に増えているのは接続台数が多すぎるというトラブルです。家庭用の無線LAN機器は数十台も繋ぐことは想定されておらず、機材によっては10台も繋げられない場合も少なくありません。企業で利用する場合はまったく足りない台数であり、多数の端末を繋ぐ倍は法人向けのシステムを導入する必要があります。

法人向けと個人向けの無線LANの違い

無線LANだけで考えれば法人も個人向けも変わりありません。電波も同じですし、暗号手法も似ています。違いがあるのは端末とルーター側となります。法人向けの無線LANシステムの場合に重要なのが同時接続数です。端末の台数が数十あってもインターエットや社内LANを快適に使える工夫がされています。特に企業の場合は社員ごとにユーザアカウントを発行していますから無線LANの利用もアカウントと連動させることが重要です。不正アクセスを防ぐだけではなく、速度や利用できる場所など社員ごとに細かく制御できるので企業にとって重要なポイントとなります。また、端末の数が増えますので端末ごとの初期設定や管理も重要です。この点については専用の管理ツールが用意されてきており使い勝手もよくなってきています。

無線LANを企業で導入する際のチェックポイント

法人向けの無線LANは家庭用と変わらないレベルから大企業で使うシステムまで多数あります。しかし、基本的な無線の使い勝手は同じですから管理面で工夫する必要があります。法人向けの無線LANでは主に3つのポイントでチェックされます。1つめはユーザー管理です。既存のシステムと連動させて利用させることもできるかが重要なポイントとなってきています。2つめは端末制御です。不正アクセスを防ぐためにも不必要な端末の接続は問題となります。また、端末ごとに通信速度を制御することでネットワークの平等性を保つという企業も少なくありません。また、故障チェックなども行える仕組みを搭載してきているので管理が楽になってきています。3つめはアクセス数です。ネットワークが必須の現場が多いので同時アクセス数については改善が急ピッチで進められています。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし